みんなでいっしょに徳島での子育てを応援しよう! 子育て支援ネットワークとくしま
Kネットとくしま・すきっぷについて 徳島子育て情報 子育て支援に関心のある方へ その他の事業
Kネットの活動について
スケジュール
『とことこ新聞』
インフォメーション

すきっぷとは?
すきっぷ通信
すきっぷのご案内
スタッフ日記
「子育て支援ネットワークとくしま」(Kネットとくしま)の活動に ついて
代 表  松ア 美穂子(プロフィール
1. 結 成年月日  1993年(平成5年)7月7日
2. 結 成の動機
 未就園児対象の自主子育てサークルのOGとなり、「子育てのための支援や施設の少ない徳島での子育てを応援したい!乳幼児の子育てがより楽しくなるよう に」と子育て真っ最中の母親たちが、1993年に「徳島子育てネットワークくすのき」を結成し子育て支援のボランティア活動をはじめました。現在は、乳幼 児から思春期までの子育てを応援すべく活動しています。
 18年間のいろいろな活動をふまえ、徳島で育っていく子どもたち、徳島で子育てをしている保護者、その子育てを応援している人たちや行政とのつながりを もつために、子育て支援に関する事業を行い、徳島での子育て環境をよくするために、徳島で子育てをしてよかったと思える街になるように活動を行っていま す。
 2001年7月に、名称を「子育て支援ネットワークとくま(通称:Kネットとくしま)」に改め、2003年3月にNPO法人を取得し、社会的信用のもと 活動内容を広げることとなりました。
3. 「子 育て支援ネットワークとくしま」の活動内容は、
(1) 育児サークルの支援とサー クルリーダーのための交流会や養成講座・研修などの開催
※文部科学省発行の「家庭教育手帳」に子育てサークルの組織の窓口として掲載されています。
(2) 徳島ならではの地域密着型 子育て情報誌を年1〜2回発行予定。
(3) 子育てサークルなどを応援 している人たち(個人・団体・企業)のネットワーク「徳島子育て応援団ネットワーク」を部会別(乳幼児部会・小学生部会・思春期部会別)にシステム化。
(4) 各市町村ごとに「子育てハ ンドブック」・「子育て支援マップ」・「遊び場マップ」の作成を呼びかけ、作成のサポートをする。
(5) 子育てに関するイベントの 企画・協力等「子育てフェスティバル」・「県民のつどい」(県教育委員会主催)/ 「おぎゃっと21」(はぐくみ徳島実行委員会主催)/「あいずみ子ども フェスティバル」(藍住子育て環境づくりあいっこ主催)/「転勤族ママウエルカムパーティー」(子育て支援ネットワークとくしま主催)
(6) 子育て中のお父さんやお母 さんと行政とのパイプ役
 家庭教育企画推進委員・すこやか家庭教育企画推進委員・人にやさしいまちづくり推進委員・周産期医療検討委員・(元児童環境づくり推進委員)・子育て サークルアドバイザー・少子化対応県民会議委員・虐待予防委員などにメンバーが委任され、声になりにくいお父さんやお母さんたちの生の声を意見として行政 に届けています。
(7) 「子育てほっとスペース」 の開設(乳幼児子育て支援センターの設置の必要性を行政に)
 2年間、子育てほっとROOMを開設していた経験から、ママたちが気軽に立ち寄れて、ほっとできるスペース(ママたちの居場所づくり)を空き店舗を利用 して設置することを要望(お母さんたちが、くつろげる空間を提供)徳島市の中心商店街にて、空き店舗を活用した「子育てほっとスペース すきっぷ」を市よ り委託され運営
(8) 新聞・雑誌への寄稿
 1995年より、朝日新聞朝刊にて、毎週水曜日「子育てパワーアップ情報」連載中。また、全国向けの子育て雑誌に徳島や四国の遊び場スポットを紹介な ど。
「子どもとでかける徳島あそび場ガイド」・「子どもとでかける四国あそび場ガイド」を発行
(9) 全国地域密着型子育て情報 誌26誌のグループによる全国ネット「マミーズサミットネットワーク」に加入。
 今年で15回目となるシンポジウムに毎年参加。2003年秋頃に徳島にて開催。
(10) 徳島県のホームページのサ ブサイトとして、「とくしま子育て通信」の管理・運営を徳島県と共同で行う。
当団体のホームページをつくり各イベントやすきっぷの紹介を始める。
☆2001 年6月1日に第37回「徳島新聞社会賞」を受賞
4. 経 緯
 
平成2年4月 藍住町にて県 内初自主子育てサークル“おたまじゃくしくらぶ”発足
平成3年5月 県内全域対象 の子育てサークル、自然の中でいきいき子育て“めいちゃんくらぶ”を母親7名で発足
平成5年7月 徳島子育て ネットワークくすのき 結成
めいちゃんくらぶのOGである母親と子育てサークル代表者で立ち上げる。
平成6年3月 「徳島いきい き子育て情報誌 Enjoy!ママ」の発行
創刊号(平成6年3月)〜第11号(平成12年12月)
平成6年5月 県下の子育て サークルの交流会やサークル代表と行政・支援担当者との交流会の開催
平成6年12 月 サークルリー ダーの研修会
平成7年10 月 全国地域密着 型子育て情報誌26誌の発行グループによる全国ネット「マミーズサミットネットワーク」に加入
平成7年10月より 新聞・雑誌への寄稿
朝日新聞朝刊 (毎週水曜日)「子育てパワーアップ情報」を掲載中
平成7年10月より 子育てに関するイベントの企画・運営協力
「子育てフェ スティバル」・「県民の集い」(県教育委員会主催)
「おぎゃっと21」(はぐくみ徳島実行委員会主催)の企画に協力・参加
「あいずみこどもフェスティバル」「あいずみどんぐり祭り」(藍住子育て環境づくりあいっこ 主催)
平成11年4 月 子育て中の母 親たちが、くつろげる空間「子育てほっと room」を開設(〜平成13年6月)
平成12年5 月 「転勤族ママ ウェルカムパーティー」の開催(徳島子育てネットワークくすのき主催)
平成12年6 月 転勤族のママ たちのためのサークル“転勤族ママの会わたぼうし”発足
平成13年6 月 第37回「徳 島新聞賞社会賞」受賞
平成13年7 月 活動内容を広 げるため、名称を「子育て支援ネットワークとくしま」に変更
平成13年7 月 徳島発の地域 密着型子育て情報誌「かくれんぼ」の創刊にむけて活動開始
平成13年9 月 第1回NPO フォーラム実行委員会参加
平成13年 10月 徳島での子育 て環境を考えるシンポジウム 共同開催
平成13年 11月 NPO法人申 請準備開始
平成13年 12月 第1回NPO フォーラム実行委員として参加
平 成14年3月 特 定非営利活動法人 取得
平成14年 12月 徳島市かごや 町商店街で「子育てほっとスペース すきっぷ」を1ヶ月限定で運営。いままで徳島にはなかった0123歳の子どもとその家族を対象とした施設として好評。
平成15年1 月 外国人ママや 国際結婚されたママ対象の子育てサークル発足
 “インターナショナル子育てサロン”
サロン開催日に徳島県国際交流課、国際交流センタートピアより委託を受け、日本語教室での託児を担当
平成15年 双子ちゃんサークル“ツインキッズクローバー”発足
平成15年3 月 「子どもとで かける徳島あそび場ガイド(メイツ出版)」を発行
平成15年9 月 「子育てほっ とスペース すきっぷ」を行政の支援を受け本格的に常設で開館・運営を開始 (徳島市より受託)
平成16年 11月 みつごちゃん サークルを発足
平成18年3 月 「子どもとで かける四国あそび場ガイド(メイツ出版)」を四国の子育て支援団体のネットワークの一員として出版に加わり企画、発行。
四国の主たる子育て団体のネットワーク化をはかり、MLにて情報交換。
平成 18年 4月 徳島ヴォル ティスホームゲーム中における託児を受託
* 託児室らんらん
平成18年 10月 徳島新聞夕刊  連載「徳島遊び場探検」執筆
平成18年 徳島県知事賞  団体賞 頂く
平成20年 徳島市女性セ ンター託児 受託
平成20年7 月 子育てひろば セミナー徳島大会 事務局
平成20年 11月 社会貢献支援 財団より「社会貢献者表彰」を頂く。
平 成21年10月 徳島県子育て に優しいまちづくり事業 受託
“移動子育てひろば”を県内で実施
平 成22年    平成22年度 チャイルド・ユースサポート章(内閣府実施)受章
平 成23年 4月 県内初大学内子育てひろばを徳島文理大学にて開催
  関西広域連合協議会委員・徳島県総合計画審議会委員・徳島県e-とくしま推進会議委員・徳島県消費生活審議会委員・徳島県家庭教育企画推進委員・徳島東部地域定住自立圏共生ビジョン懇談会委員・元徳島県少子化対応県民会議、・元徳島市教育振興基本計画策定委員、元徳島市次世代育成支援対策行動計画策定市民会議委員、・元徳島市子育て支援総合コーディネーター・子育てサークルアドバイザーなどに委任され、意見として社会や行政に届けにくい子育て真っ最中のお母さんやお父さんたちの生の声を行政に届けています。
Copyright 2002-, K-net Tokushima all right reserved